ボイラー故障

23日自宅勤務中の嫁ちゃんからyabaii連絡

電子ケトルが壊れたのかー…嫁ちゃんお気に入りのシャオミーの電子ケトルだったので帰りに買って帰ろうなんて思っていたらボイラーが壊れたみたいでした。

これじゃなく…

よくあるんですが、字面だけぱっと見て勘違いする。この話の食い違いで嫁ちゃんの口調が強くなることがしばしば…

你没听我说话\\\٩(๑`^´๑)۶////

勉強しろと言う意味で小学生用の中国語ドリルを突きつけられたこともあります…

肝心のボイラーは表面のボディまで焼けるというなかなかの状態でした。

コロナのおかげで時短勤務となっていた上、帰ったらすぐシャワーという良き習慣が崩れ去りました。

その夜はシャオミーケトルをフル稼働

大鍋にお湯を沸かして手桶シャワーとなりました。

この時の嫁ちゃんの手付きがやけになれてるなーと思ったら、中学生くらいまではこうやってお風呂に入っていたとのこと。その上5人兄妹のおねぇとして下の子達を洗ってたんだそう。逞しい!

福建省のママに至ってはいまだにこうやってお風呂に入っているそうで…(シャワーあるのに

いい歳して騒ぎながら手桶シャワーを楽しみました…

直るまでスパに行こうとかホテル泊まりたいとか言わない上、楽しみながらやり過ごしてくれる嫁ちゃんに感謝です。

多谢babyヽ(´▽`)/

福建省に帰るか否か

春節期間中は嫁ちゃんの実家である福建省に帰る予定でいた。

戦争かと見間違う花火を楽しみにしていたし、

目の前で鳥を〆るママやウィスキーを生のまま飲むおやじさんやたくさんの甥っ子姪っ子、チェーンスモーカー95歳のじぃじ、ほっかむりばぁばに会えるなー楽しみだなーと思っていたのに…

連休前日となる23日には嫁ちゃんと緊急会議。

それまで噂程度の情報と僅かながらの危機意識しかなかったものの、新型肺炎の情報を調べれば調べるほどお互い危機感が増してきた…

あのショッピングモールで感染者だー(ご近所…

空港で隔離だー(普段から利用してる…

武汉が封鎖されるー(うちの従業員もいる…

上海も封鎖しろー(現実になりかねない…

などなど

上海市政府の発表や微博やらひたすら嫁ちゃんと情報収集の結果…実家帰省中止を決定!

嫁ちゃんの気持ちはもちろん僕自身も帰りたいと強く思っていたのですが、後押しは政府のお達しでした。

全ての航空会社及び旅行代理店は対象期間中の予約を無料でキャンセル対応するように…とのこと

さすがは中国。

この強行策が施行できる点には驚きました。

感心するのと同時にここまでの動きがあることで恐怖感が増したのは事実。

徹夜の会議から嫁ちゃんの思考にも考えさせられました…

家族が心配家族に会いたい(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

紅包とお土産を渡したい。゚(゚´Д`゚)゚。

家族とちゃんと新年を祝いたい(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

その反面

我々が帰ることで家族が感染する心配。゚(゚´Д`゚)゚。

じぃじばぁばは特に(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

全ての思考軸が家族だった…

僕なんかは隔離されたらとか移動中に封鎖になったらとか僕ら自身の心配が先立っていました。反省です…

家族を軸にする嫁ちゃんに自分の小ささを突きつけられたようで情けなかった次第です…

ひとまずここで一度はキャンセルしたものの翌日また一悶着ありました…

嫁ちゃんの趣味

前回嫁ちゃんの名前だけで終わってしまいましたが、

今回は趣味について。

一緒に生活をし始めて2年ほどたちますがまぁこれといってありません…

休日は眠るだけ眠り…起きたと思えば掃除を始め…だらだらと一緒にテレビを観、スーパーへ買い物。僕が作る食事を食べ、そして1日が終わる。

好きな料理はSHUKIYAKI(すき焼き)、SHAKANA鍋(魚介の鍋)。

鍋好きだとごはん作りは楽なのでうれしい限りです。

趣味?はなんだかごく稀にIllustratorでせっせと絵を描いています。

何故かはわからないが基本僕の寝ている姿をせっせと描いている

YOKOTA!你看٩( ‘ω’ )و

こんな感じ。

こんなのがもう30枚近く。ほとんどが半裸の寝姿。

よくわからないものの楽しそうなので何より

〝嫁ちゃん〟という生き物

スペックについて

名前:Whiteさん・フェンちゃん

出身:福建省

年齢:僕よりも4つ歳上(or5歳)

職業:広告系・ウェブデザイン

趣味:illustrator・深い眠り

仕事上イングリッシュネームを持ち合わせているので出会った頃から自身のことを

叫我White!٩( ‘ω’ )وと言っていた…

日本人には馴染みのないイングリッシュネームに当初は戸惑っていましたが、結局〝baby〟に落ち着いています

上海に限らず、中国全土では皆イングリッシュネームで仕事をしていて、

なんとなく優秀な人とか広告系の人なんかに多い気がします。

それとは別で日本人向けのカラオケとかキャバクラのお姉様方は皆日本人の名前(ジャパニーズネーム⁇)をお持ちで…名前ってものがよくわからないままお知り合いになったりしてました。

仕事でも上海に来た当初はメール上でアマンダとかサリーとかをみて、

外人さんかよーーー…どうやって話すんだ(=゚ω゚)ってなってましたけど正体は中国の方。

なんてのがたくさんありました。

(向こうからしたら僕が外国人)

うちの母ちゃん父ちゃんからは本名の一部をとってフェンちゃんと呼ばれている34歳のお姉さんです…

呼び名一つでも長々書くこととなったのでこの辺で…

歯医者ツアー開催

とある休日…

嫁ちゃんからのお叱りを受ける。

哎呀…你的牙齿么那么难看(゜-゜)

僕の口の中に指を突っ込み口の中をまさぐりながら

アイヤーあんたの歯汚すぎる(゜-゜)

言われて気付いたわけではなく自覚もしていたが…海外で病院に、ましてや歯医者にかかるのは避けていた。

誰が言ったか知らないが中国在住の日本人の間では

“歯医者だけは日本に帰って治療しろ!”

との言葉がある…

とは言え、上海赴任直前まで通っていた歯科治療を投げ出し3年が経っていたため

入れるはずの歯は無いまま…歯根の治療も中途半端のまま

半ば強引に上海市内の歯医者を予約

ここから長い歯医者ツアーが始まる…

うちの嫁は中国人

ブログタイトルの通り、

中国人嫁との生活について綴っていこうかなと思い開設。

26歳で中国上海に赴任となったサラリーマン。

誇れるものもない自分に

漠然と不安を抱えながら日々を過ごしていた中で、

何があっても一緒にいたい

と思えるおもしろい人間

〝嫁ちゃん〟と出会い、

結婚

中国人の嫁ちゃんの生態

海外での生活をだらだらと

書いていこうと思う。